top profile research R link  
 
 
  • 7/24-27でGBIC2(The 2nd Global Biodiversity Information Conference)に参加してきました。何らかの形でレポートを公表します。(7/31)

  • あっという間に夏になってしまいました。フィールドに出たいところです。(7/2)

  • せっかく移籍したんだし、ここならではの仕事を始めたいと考えています。(6/5)

  • あっという間に1ヵ月以上が過ぎてしまいました。とっても楽しくやっています。(5/15)

  • 2018.7.31 共著の論文がPlant Ecologyに受理されました。「Nestedness-resultant community disassembly process of extinction debt in a highly fragmented semi-natural grassland」。土地利用の履歴が現在の植物群集の形成プロセスに及ぼす影響を評価したものです。
  • 2018.7.2 共著の論文がRestoration Ecologyに受理されました。「Soil erosion alters soil chemical properties and limits grassland plant establishment on an oceanic island even after goat eradication」。ノヤギ駆除後の火山島における土壌流出が島の生態系に及ぼす影響を評価したものです。
  • 2018.5.18 投稿していた論文がBasic and Applied Ecologyに受理されました。「Climate-mediated population dynamics enhances distribution range expansion of the pest insect, Stenotus rubrovittatus」近年の斑点米カメムシの分布拡大要因として、気候変動による発生の同調性と世代数の増加が寄与している可能性を示したものです。


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.