top profile research R link  
 
 
  • 秋は一体どこへ行った?風邪には注意しましょう。(10/20)

  • 千里の道も一歩からでござる。(9/29)

  • 9月に入ったから本気だす。(9/2)

  • 人におにぎりをもらいながら研究をしています(訳:外部資金ダメでした)。(7/31)

  • 2017.8.29 生物多様性情報の標準形式であるDarwin Core Archiveに関する解説論文が「保全生態学研究」に受理されました。「生物多様性情報の標準データフォーマットDarwin Core Archiveと生態学データに適合させる拡張形式 "Sample-based Data"」モニタリングデータ等、個体を単位としないデータをDwCに対応させる新しい形式について解説したものです。

  • 2017.7.18 投稿していたデータペーパーがBiodiversity Data Journalに受理されました。「Specimen records of spiders (Arachnida: Araneae) by monthly census for 3 years in forest areas of Yakushima Island, Japan」屋久島の自然林、人工林で3年間実施したクモのモニタリング結果である標本を整理し、ラベル情報をオープンデータとして公開したものです。

  • 2017.5.17 投稿していた総説が野生生物と社会に受理されました。「人口減時代における近未来の農地利用を考える-食料生産と生物多様性,生態系サービスの持続的な両立を目指して-」数年間取り組んできたマクロスケールでの農地利用に関する研究をまとめ、将来の農地利用の姿を議論したものです。


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.