top profile research R link  
 
 
  • とある人が言っていた「30代は体力で乗り切る。40代は集中力で乗り切る」を噛みしめる今日このごろ。(11/2)

  • 後期に入って予想どおりばたばたしています。色々レスが遅くなっていますが、ご容赦ください。(10/3)

  • 来週から後期が始まります。(9/28)

  • 7/24-27でGBIC2(The 2nd Global Biodiversity Information Conference)に参加してきました。何らかの形でレポートを公表します。(7/31)

  • 2018.11.8 投稿していた解説論文が保全生態学研究に受理されました。「生物多様性に関わる政策課題を俯瞰するlegislative scan−日本における研究と実践の隔たりの解消に向けて−」。生物多様性に関連する研究と実践のギャップを埋めるために、研究者に向けて政策を概観するという取り組みの紹介および試行を行ったものです。相当に苦戦しましたが、形になってよかったです。

  • 2018.10.3 著書(電子出版)がオンラインで公開されました。「 ICTが拓いた生態学における市民参加型調査の可能性と、持続可能な体制の確立に向けた切実な課題 」。これまで取り組んできた市民参加型調査によって得た論考のまとめみたいな文章です。オープンアクセスなのでぜひご覧になってください。

  • 2018.7.31 共著の論文がPlant Ecologyに受理されました。「Nestedness-resultant community disassembly process of extinction debt in a highly fragmented semi-natural grassland」。土地利用の履歴が現在の植物群集の形成プロセスに及ぼす影響を評価したものです。


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.