top profile research R link  
 
 
  • 第三子の誕生につき、今月は育休です。新規案件は受け付けませんのであしからず。(2/12)

  • 気づいたら1月も終わりかけてます。明日は修論、来週は卒論発表会なので、もうしばらく落ち着かない感じです。(1/27)

  • 本日をもって2020年の営業は終了です。今年もお世話になりました。来年もよろしくお願いします。年末年始はレスしないからねー>M2B4諸氏(12/28)

  • 講義があっても外部の委員会やら打ち合わせやらが同日にできてしまうオンライン化。いいのか悪いのか。(11/17)

  • 2020.10.27 投稿していた論文が保全生態学研究に受理されました。「都市緑地における植栽種の由来による温度低減効果の比較:東京都心部における事例」。緑化植物の由来(在来、外来)による温度低減効果を検討する手法を提案して東京都心部の公園に適用したところ、在来種植栽はその効果が高い可能性が示唆されました。研究室を立ち上げて初、学生が主著の論文です。

  • 2020.10.13 共著の論文がPeerJに受理されました。「Predicting disease occurrence of cabbage Verticillium wilt in monoculture using species distribution modeling.」 キャベツで有名な嬬恋村において、SDMを用いて野菜病害の発生を予測したものです。

  • 2020.7.2 投稿していた論文が保全生態学研究に受理されました。「神奈川県足柄下郡箱根町における特定外来生物オオハンゴンソウ(Rudbeckia laciniata L.)の駆除活動による著しい個体数減少」。10年以上にわたってオオハンゴンソウの駆除を継続し、個体数を著しく減少させることに成功した箱根町における活動の過程と、継続の鍵が何であったかについて議論したものです。

  • 2020.6.26 投稿していた論文がScientific Reportsに受理されました。「Paddy fields located in water storage zones could take over the wetland plant community」。氾濫原湿地であった場所に成立した水田において、湿地性植物が安定的に生育できる可能性を示したものです。

  •    


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.