top profile research R link  
 
 
  • 安定性と硬直は表裏一体です。必要な柔軟性を確保するにはどうすればよいのでしょう?最近の考え事テーマです。(4/24)

  • 年度が変わりました。いろいろありますが、楽しく研究していきましょう。(4/3)

  • あなた、『覚悟して来てる人』ですよね。(3/28)

  • 学会も終わり、次年度のことを考えながら少しのんびりできる時期を過ごしています。(3/21)

  • 2017.4.3 オープンデータに関する論説が「情報管理」から出版されました。「オープンデータがもつ「データ開放」の意味を再考する:自由な利用と再利用の担保に向けて」オープンデータに対する考え方について、自身の研究に基づく考え方の提示と、本来の意味から外れた方向に進まないよう警笛を鳴らしたものです。OAですので誰でも自由にご覧になれますれます。

  • 2017.3.17 日本生態学会宮地賞をいただきました。素直にとっても嬉しいです。

  • 2017.1.19 投稿していた論説が保全生態学研究に受理されました。「保全科学におけるデータギャップの現状と解消に向けた取り組み」保全科学研究を進める上で必要なデータベースの現状と今後進むべき方向について国内外の事例を取り上げながら論じたものです。

  • 2016.11.9 投稿していた論文が応用生態工学に受理されました。「日本の農業生態系における機能別ゾーニングの試行」食料生産以外の機能も重視する農地利用の考え方を提案したものです。


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.