top profile research R link  
 
 
  • 人におにぎりをもらいながら研究をしています(訳:外部資金ダメでした)。(7/31)

  • 7-8月は機能停止予定です。(6/29)

  • アレな"おしごと"がひと段落したので、研究モードに復帰です。(6/2)

  • 連休中は仕事はせず、いろいろ考え事をする機会にしてます。ということで仕事メールはしないように!(5/4)

  • 2017.7.18 投稿していたデータペーパーがBiodiversity Data Journalに受理されました。「Specimen records of spiders (Arachnida: Araneae) by monthly census for 3 years in forest areas of Yakushima Island, Japan」屋久島の自然林、人工林で3年間実施したクモのモニタリング結果である標本を整理し、ラベル情報をオープンデータとして公開したものです。

  • 2017.5.17 投稿していた総説が野生生物と社会に受理されました。「人口減時代における近未来の農地利用を考える-食料生産と生物多様性,生態系サービスの持続的な両立を目指して-」数年間取り組んできたマクロスケールでの農地利用に関する研究をまとめ、将来の農地利用の姿を議論したものです。

  • 2017.4.3 オープンデータに関する論説が「情報管理」から出版されました。「オープンデータがもつ「データ開放」の意味を再考する:自由な利用と再利用の担保に向けて」オープンデータに対する考え方について、自身の研究に基づく考え方の提示と、本来の意味から外れた方向に進まないよう警笛を鳴らしたものです。OAですので誰でも自由にご覧になれますれます。


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.