top profile research R link  
 
 
  • あなた、『覚悟して来てる人』ですよね。(3/28)

  • 学会も終わり、次年度のことを考えながら少しのんびりできる時期を過ごしています。(3/21)

  • 花粉症で思考能力が40%低下中。ピークには70%ダウンします(3/8)

  • 隙間時間を有効に使って研究を進めるべし。(2/7)

  • 2017.3.17 日本生態学会宮地賞をいただきました。素直にとっても嬉しいです。

  • 2017.1.19 投稿していた論説が保全生態学研究に受理されました。「保全科学におけるデータギャップの現状と解消に向けた取り組み」保全科学研究を進める上で必要なデータベースの現状と今後進むべき方向について国内外の事例を取り上げながら論じたものです。

  • 2016.11.9 投稿していた論文が応用生態工学に受理されました。「日本の農業生態系における機能別ゾーニングの試行」食料生産以外の機能も重視する農地利用の考え方を提案したものです。

  • 2016.4.20 共著のデータペーパーがEcological Researchに受理されました。「Mammal assemblages recorded by camera traps inside and outside the evacuation zone of the Fukushima Daiichi power plant accident」福島県の避難区域にカメラトラップを仕掛け、動物相モニタリングを行っているものです。データは今後も追加されます。


このページは大澤剛士が個人的に作成したものです。
このページに関する責任は全て大澤個人に帰すもので、
所属機関ならびにその上位機構は内容について関知していません。

Since 2008 OSAWA Takeshi. All rights reserved.